かぶら寿司・大根寿司は、金沢に古くから伝わる冬の味覚です。その起源は、一説には「豊漁と安全を祈願して、宮腰(現在の金沢市金石)の漁師が作った」とも言われ、縁起物としても親しまれてきました。そして現在では、年末年始のハレの席を飾る一品として親しまれています。
 金澤網善の「甘麹かぶら寿司」「甘麹だいこん寿司」は、自社の畑で栽培したかぶらや大根を使用しております。昔ながらの手作りで、甘味料・保存料無添加で、金沢の家庭に伝えられてきた味わいを皆様にお届けいたします。
 
 

金澤の“ハレ”の味をお届けします

 

甘麹かぶら寿司

かぶらの甘さとブリの旨みをトロッとした甘麹が一体に包み込み、甘さと発酵による程よい酸味が、バランス良く調和した逸品です


 

甘麹だいこん寿司

トロッとした甘麹をたっぷりつけて、大根とニシンを一緒に食べれば、シャキッとした食感と爽やかな美味しさが口に広がります。


金澤網善の想い


甘味料・保存料無添加。
独自製法の「甘麹」を使用しています。

金澤網善の「甘麹かぶら寿司」「甘麹だいこん寿司」は、独自製法の甘酒「甘麹」で漬け込みます。甘味料・保存料無添加の「甘麹」を使用するからこそ生まれるこの味。 発酵による、他では味わえないまろやかで自然な甘みと旨みをお楽しみください。



かぶらと大根は自社栽培。
厳選素材を昔ながらの手作りで。

漬け込みに使うかぶらと大根は、味や食感を考慮した最適な品種を、自社農園で丹精込めて栽培。「甘麹かぶら寿司」には日本海で水揚げされた寒ブリを、「甘麹だいこん寿司」には品質を吟味した身欠きニシンを使用。これらを特製の「甘麹」に漬け込み、添加物を使用しない“昔ながらの製法”で、一樽一樽、熟成のタイミングを見極め出荷しています。



異なるふたつの味わいを楽しむ
「甘麹」トッピング。

「甘麹かぶら寿司」「甘麹だいこん寿司」のもうひとつの特徴は、「甘麹」をトッピングする新しい召し上がり方です。商品に添えら れた「甘麹」を足しながらお召し上がりになると、甘みがプラスされ、 風味の変化を お楽しみいただけます。



甘麹かぶら寿司(2個)

 

甘麹だいこん寿司(2個)

 


 

甘麹かぶら寿司(4個)

 

甘麹だいこん寿司(4個)